転職して満足

何だかんだいっても、離職理由の大半は「人間関係」だと思います。
また、命に関わる仕事のためストレスも多く、休みも十分に取れないことも原因だとは思いますが、一番の原因は女の園だから…ということの気がします。
私が勤めていた総合病院では、整形外科など「たいして急変がなく、そうそう患者が死なない科」は比較的人間関係は良好でしたが、
内科や外科など、急変の多い病棟は、やはり一人一人の看護力によってその日一日の仕事量が変わってくるので、ピリピリした空気が漂っていました。
単純に、仕事が遅かったり、ミスが多い(準備物品が足りないなどの小さなミス)看護師に対しての周りの対応は厳しくなり、
機転が利き、仕事の効率が良い看護師に対しては周りは当然良い対応を返します。
また、女の職場なので、いじめもストレートになりがちです。「これ日勤の仕事だから、残しておいた」と言い点滴交換をしない、清拭に回る際二人一組が基本ですが誰もその人と組もうとしない…などなど。ひどい時は悪口がそのまま飛び交います。
私自身はいじめられた経験はないですが、目の前でそれを見ていると、本当に仕事以外に気を使うことが多くストレスが多い職だな…と思いましたね。
だから、比較的命のやり取りの少ない個人クリニックへ転職しましたよ。
大きな病院や人員不足で悩んでいるところほど、忙しいので人間関係は悪化しがちです。
現に、総合病院とは違い、仕事も楽で(総合病院と比べると)、生死にあまり直結しないクリニックでは皆さん穏やかで仲が良かったです。
お給料は当然下がりますが、月でいうと夜勤分ぐらいしか変わりません。…賞与は医院長の一存なので、その点は総合病院のは安心ですが…。
人間関係で悩まない…なんて、私にとってこれほど楽なことはなかったので、それはそれで転職自体には満足しています。